コンサートマスター 戸澤哲夫|楽団について|東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

コンサートマスターConcertmaster

コンサートマスター

戸澤 哲夫 Tetsuo Tozawa

コンサートマスター:戸澤 哲夫

東京藝術大学を経て、同大学院修士課程を修了。この間、読売新聞社主催新人演奏会に出演。

大学院在学中の1995年1月、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターに就任し、現在においてまでその重責を果たしており、内外の指揮者からの信望も厚い。

1994年にアルベリ弦楽四重奏団(ASQ)を結成し、また1996年から安田弦楽四重奏団のメンバーに加わり、ペーター・シュミードル氏など共演者も数多い。ASQでは、ベートーヴェンの室内楽作品全曲演奏に7年越しで取り組むなど、テーマ性を持った活動も特筆される。

ソリストとしても、各地でのリサイタル活動に加えてオーケストラとの共演も数多く、これまでに東京シティ・フィルをはじめ、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団などと共演を重ねており、中でも1997年4月には、チャイコフスキーの協奏曲にてアメリカデビューを果たし、スタンディングオベーションを受けるなど大好評を博した。

1998年11月より1年間、アフィニス文化財団の海外派遣事業によりドイツ・ベルリンに留学、元ベルリン・フィル コンサートマスターでフライブルグ音楽大学教授のライナー・クスマウル氏のもとで研鑽を積む。

2001年、ショスタコーヴィチで定評のあるモルゴーア・クァルテットのメンバーに加わり、2006年9月の第一生命ホール・クァルテット・ウェンズデイでのショスタコーヴィチ生誕100周年記念特別企画「3日間で弦楽四重奏曲全15曲を完奏」に続いて、2015年大晦日から16年元旦にかけての、みなとみらいホールにて「1夜での15曲全曲演奏会」という大胆な試みを、成功裡に終わらせた。

 モルゴーア・クァルテットメンバーとして 2010 年度アリオン賞、2015年第14回佐川吉男音楽賞奨励賞、2017年第47回JXTG音楽賞洋楽部門本賞を受賞。プログレ名曲をカバーしたアルバム「21世紀の精神正常者たち」「原子心母の危機」「トリビュートロジー」を発売、大きな反響を呼んでいる。

現在、国立音楽大学及び日本大学藝術学部非常勤講師。

特別客演コンサートマスター

荒井 英治 Eiji Arai

特別客演コンサートマスター:荒井 英治

新星日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを長きにわたり歴任する。
また東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターの戸澤哲夫らと共にモルゴーア・クァルテットのメンバーとして活動。
ショスタコーヴィチの全曲を中心にレパートリーを広げ、ハイドンからプログレッシブ・ロックまで迫真の演奏で圧倒的な存在感を示し、多くのファンを獲得している。 ソリストとしても数多くのコンチェルトを演奏するなど、果敢な活動を続けている。日本センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスター、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席客演コンサートマスター、東京音楽大学教授。